女はしょせんBITCHである

行きたくねー

って言うほどで、足が震えてきたり、動悸やめまいがするほど会社に行きたくないってほどではないが、表題通り行きたくない。

週明け前の土曜日に上司に、とてつもない理不尽な理由で、烈火のごとく怒られた。

正直、休み明けの今も、あの件に関しては、落とし所など到底見つかるはずもなく、釈然としない疑問や、モヤモヤが募るばかりだ。

信頼していた人だけにとても残念で、今はもうこいつただのバカなんだなと思う。

加えて、部署の連中もいけすかん奴ばかり。

俺も嫌いだし、恐らく奴らも俺のことを煙たく感じていると思う。

いいさ。どうせ辞める。

嫌われても、何しても、その内俺は居なくなる。

決していい考え方ではないのは、分かっている。

だから、もうやることだけをこなして余計なことはしない。

手を差し伸べない奴は、俺は助けないし助けてもらわなくて別にいいよ。

義理もクソもねー、不義理な薄っぺらい部署の連中。

お前らに向かっていつでも牙むき出しにして、中指立ててっから。覚悟しとけカスが。

 

と、まあ、荒れに荒れまくってます。

よっしゃ行くぞ。